人を集めるのぼりの魅力

街を歩いていると必ず目にするのぼりですが、元々は武士たちが味方と敵を識別したり、軍の威容を誇る目的で使われたそうです。

現在では、お店などで広告や宣伝、販促の手段として使われるケースが多くなりましたが、神社仏閣や大相撲・歌舞伎の興行などでも目にします。

のぼりは竿に鮮やかな生地をつけただけのシンプルなものですが、よく目立つためアピール力は抜群です。

古くから使われているものですので、心理的に受け入れやすいというメリットもあります。

風雨にさらされても、ある程度の耐久性があり、コストも比較的安価なところも、よく使われる理由になっています。

台座に固定をしておけば無人でよいので、広告にはうってつけです。

のぼりは、注目を集める効果がありますので、集客を期待する場所によく掲げられています。

駅やスーパーマーケット、お店、商店街の売り出しや宣伝でよく使われるのは、のぼりの集客効果に期待をしているからです。

お店になかなか人が来てくれないとか、目立たないということで悩んでいるのであれば、試してみてはいかがでしょうか。

最近では店内でもPOPがわりに使えるミニのぼりもあります。

古くて新しいのぼりの魅力を見直してみましょう。